2019年07月29日

bitflyer(レバレッジ4)

bitflyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コインチェックが大量流出を引き起こし話題を集めました。
始めるなら信頼が大切です。
上記公式リンクからバックアップ企業がどこかご自身でご確認ください。

一時期 200万を超えていたビットコインも63万まで下がり現在上昇中です。
始めるなら時期的にも最適だと思います。

1ビットコイン  93万です。
なかなかそんな纏まったお金ない方も多いと思います。
そんな方も大丈夫です、以下の二つの方法があります。
1)買う量を減らす。→現物取引で問題ない。
2)レバレッジを利かして資金を有効に使う。→FX取引

値が低い時に買って高い時に売る。
FXなら高いときに売りから入れるから機械ロスがなく効率的です。

ただ目論見が外れると元本割れのリスクがあります。
目論見の実力を測るため以下のリンクの仮想通貨の仮想取引所で腕試ししてください。
1000万円の資金をレバレッジ25で取引するシュミレーションです。
現在私は10京5000兆円で全国50位くらいです。

是非実力を測ってください。
実際の取引は手数料も発生します。
さらには全額をレバレッジ25で勝負する方はいませんよね。
違いがありますからご注意を!!
http://sekai-kabuka.com/bitcoin.html

このサイトは仮想通貨でなく為替、株の情報もありますからビットコインと世界情勢との関連を考えるにも都合の良いサイトです。

腕に自信がついたら安心なビットフライヤーに登録しましょう。
登録したらレバレッジはあまり効かせないで取引馴染んでから上げたほうが無難です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



posted by 藍翔子&花岡広一 at 17:45| Comment(0) | 仮想通貨 | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

とりあえずHP





とりあえずHP

まさかと思うくらいの簡単な操作感
アフィリエイトを始めるにもHPをとりあえず立ち上げないとね。
ラベル:生活
posted by 藍翔子&花岡広一 at 11:03| Comment(0) | 暮らし | 更新情報をチェックする

なぜFLMなのか⁉️

IMG_3894.JPG

東京オリンピックの頃には日本版🇯🇵カジノが営業される。
カジノがパチンコ、競馬、競輪などギャンブルのシェアを奪う目論見があります。
目論見に期待をよせられる方は、新しい文化を客としてギャンブラーとして楽しむのか、新しいビジネスチャンスとして権利を得てから楽しむのか選択肢が現在はあります。
完全にシステムが構築されれば選択肢はありません。
FLMにはオンラインカジノの収益が配分されます。
それが大きな魅力です。
権利獲得は今しか出来ません。
興味があれば以下まで連絡をお願いします。

https://line.me/R/ti/p/%40eev4437y
posted by 藍翔子&花岡広一 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインカジノ | 更新情報をチェックする

婚活で何故、進化なのだろう!!

婚活で何故、進化なのだろう!!
blogramで人気ブログを分析


婚活で何故、人は進化できるのだろう。
本能が行き詰りを起こすと皆さんはどうだろう。
胸の奥、心の奥深くに響いてくるものがありませんか?
食欲、性欲、出世欲、安全欲が滞るとどうでしょう。
安全欲が保障されないと、神に祈るのではないかと思いますが皆さんはどうでしょう?
カオスの時代は明日の身の安全が危ぶまれる。
不安が救いを求める。
国と法律がもたらす治安は進化だったのではないですか?
今は身の安全より心の安全が問われる社会になった気がします。
心の安全保障には進化の余地がありそうです。
家族、仲間は心の安全欲に起因するものかもしれません。
出世欲はどうでしょう。
官僚は同期が最高ポストを射止めると、そこから退きます。
出世欲に配慮したシステムの様です。
これは進化とは思えません、天下りに過ぎませんが国の最高機関のシステムです。
進化の余地が残る本能なのでしょう。
食欲はどうでしょう。
食欲は働くしかありません。
組織に入り組織に貢献し見返りで食を確保する。
この過程で出世欲が発生する。
出世欲と食欲は密接な関係にありそうです。
資本主義、社会主義による国家が誕生して身の安全を確保した人は、食欲を満たす為の出世欲に明けくれているのではないでしょうか?
文化はそれを映し出しているのかもしれません。
性欲はどうでしょう。
本能まかせのままではないでしょうか?
風俗は何かを生むだろうか?
吐かせるだけの役割でしかない気がします。
性欲は本来、子孫を残す為の尊い本能である。
その意味で風俗は何も生まない気がする。
恐らく食欲を満たす為のシステムなのでしょう。
子孫繁栄を助けるシステムは何か?
お見合いは以前からあった。
しかし、世間一般まで、お見合いの話は行くのだろうか?



ラベル:婚活
posted by 藍翔子&花岡広一 at 10:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 婚活で何故、進化なの?! | 更新情報をチェックする

カジノ法案通過で利益を得るか、料金はらって楽しむか?

カジノ法案とは?
海外では一般的なものとして認知されているカジノですが、
日本は初の導入となる。
刑法185条及び186条でカジノを「賭博」として処罰の対象にしているので、このカジノ法案の第2条によれば、国が認定した区域に限り、一定の要件を満たせば設置可能となるのだそうです。

カジノ合法化は、欧米を中心に世界120以上の国・地域で実現していて、アジアではマカオやの施設がある韓国などに加え、シンガポールも合法化しています。

2016年12月6日午後の衆院本会議において、自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決、参院に送付されました。自民党は7日に参院本会議で審議入りし、9日の成立をめざす方針だそうです。
施設の設置・運営は民間事業者が行うのだそうですが、環境整備・所轄事務は内閣総理大臣が本部長の「特定複合観光施設区域整備推進本部」が担い、管理・監督は内閣府の外局「カジノ管理委員会」が担うと言われています。
具体的な設置数や規模は示されていないけれども、「カジノ議連」は東京オリンピックまでに全国2、3カ所の開業を目指しているようで、誘致に関心を示しているのは、横浜市、大阪市、沖縄県など全国約20の自治体があるそうです。

正式名称は「IR推進法案」と言います。
IRとは”Integrated Resort”の略であり「統合型リゾート」という意味です。

カジノ法案はリゾート地としての発展を望む法案ということです。
カジノは海外では非常に盛んで、海外からの観光客に対して効果的です。
また日本人にとっては新しい文化として今後の生活に浸透することが期待されています。

このカジノ法案は
2020年に開催が決まった東京オリンピックに向けて急速に進められているようです。
というのも、日本という経済大国にカジノができた場合、アメリカに次ぐ世界第2位のカジノ市場になることが期待されているからです。
法案詳しくは以下のリンクで確認できます。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18901020.htm

パチンコなどによる「ギャンブル=身を滅ぼす」というイメージが日本に浸透していることを踏まえると、
なかなか受け入れられないのも頷けます。

経済的な面でプラスの効果を生むことが期待されています。
あくまでリゾート地としての発展を促すものですので、カジノの集客力を利用して周辺地域の活性化につなげることが目的であり、またそうなることが期待されています。

パチンコは今では日本各地に数多く存在していますが、
その換金方法は法に抵触しかねないグレーゾーンと言われています。

パチンコの換金システム
パチンコの玉を直接お金に換えるのは法律で禁じられています。
[パチンコ店] 出玉を景品に換える。
[景品換金所] その景品を関係ない店で現金に換える。
[結果] 直接換金していないから法律的に問題はない
と主張するものです。
実際には換金所がほぼ必ずパチンコ店の近くに併設されていて、関係性はほぼ明白です。
このグレーゾーンを利用しているのが!!
オンラインゲームであります。(オンラインカジノは直接換金:現在は海外のカジノにネットで繋がり遊ぶ)






などがあります。

パチンコといえば、脱税、北朝鮮への不正送金による朝鮮総連の暗躍もあるので、もしパチンコ税が導入されたら、脱税とか北朝鮮への不正送金を封じ込める効果は大きいのではないかという意見もあります。
パチンコがとんでもないものであるとの認識が強くなるにつれ、パチンコよりはカジノの方がいいと思う人が増えています。

オンラインカジノは残念ながら日本では合法とのは言えません。
韓国政府公認、マカオ政府公認、フイリピン政府公認など多岐にわたります。



FLMはその一つを広げるために存在します。
247BETを広げています。
これといってシステム的に贔屓するところはありません。
拡大したシェアの売り上げを数パーセント広告者に還元するという項目があるから人が集まっています。
理解できない方は話をちゃんと聞いて府に落としてください。
新しいものを社会に定着するには会社経営にもみる、一般従業員を底辺とするピラミッド型のサラリー配分を見える形でシステム化します。
上場企業はじめ一般企業はすでにサラリー配分が構築されており形成段階を表に晒すことはありません。
見えない分健全に思えてしまいますが、ピラミッド型です。
底辺である一般従業員はTopのために毎日汗を流しているのです。
怠ければ給料は上がることはありません。それどころかリストラもあります。
ネットビジネスも同じですが、拡大過程の利益配分が表になりクローズアップされ誤解を生みます。
このようなシステムで世の中に定着したものもあります、アムウエイなどはその典型です。

247BETはシェアの数パーセントを広告者に還元する、その権利を獲得するために口コミによる市場拡大を図っています。貢献者は当然のこと多くの利益を得るのです。
あまりにも健全で単純な理屈です。

市場拡大オンラインカジノの将来を信じるなら連絡ください。
http://petoro750.seesaa.net/article/449009496.html
【@40eev4437y】で検索も可能です。

オンラインカジノとは、自分のお金を賭けて遊べるカジノを、スマホなどを使ってネット オンラインで遊べるゲームのことです。このオンラインカジノとは、遊戯の中では最も稼ぎやすいものと言えます。なぜかというと、ペイアウト率が最も高いためです。
ペイアウト率とは、全プレイヤーが賭けた金額に対し、何%が返礼となって還元されているかというもので、100%だと賭けた額全てが勝ったプレイヤーに賞金となって還元され、手数料や利益が無いという風になります。これがネットカジノでは、なんと97%もあるのです。現在の競馬だと60%から70%と言われています。つまり、100万円分の馬券を買った場合、買った馬券は金額にして60万円程度になっているということです。なぜかというと、競馬は国営のギャンブルで、税金がかかっているためです。
しかし、オンラインカジノはネット上のカジノなため店舗を構えません。
実店舗で必要な様々なコストを大幅に削れるため、200億の売上(賭け金)があったとして、194億円が勝ったプレイヤーに還元され、残りの6億がコストや利益になるということです。一般的なリアルカジノでもペイアウト率は95%と高いですが、ネットギャンブルはさらにそれを上回ると言われています。

インターネットカジノは遊戯者にとって最も優しく、勝ちやすいギャンブルと言えます。特にカジノ必勝法を知っていれば、オンラインカジノで勝つのもそれほど難しくないと思います。ちなみに、オンラインカジノにはプログレッシブゲーム(ジャックポットゲーム)という遊び方が存在します。主にスロットにみられるゲームで、プレイヤーが賭けた金額を少しづつ積み立て、当選した人に積み立てた分を全額支払うというゲームです。多額のチップが動くため、一夜にして億万長者になる人もいます。オンラインギャンブルは厳格な管理体制があるため不正はなく、だれでも平等に当たるようになっているので、一攫千金を狙っている方は試してみたいところです。

それら施設が完成後に出向いて楽しむもよし、施設に行くのが面倒ならオンラインカジノで遊ぶのもヨシですね、選択肢は広がります。
オンラインカジノでノウハウを掴んでおけばトレンディー。

花岡広一
posted by 藍翔子&花岡広一 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カジノ法案 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。